サントリーやオリヒロなどのグルコサミンを摂取【強化ボーンGET】

錠剤

生活習慣にも気をつける

膝

身体で生成可能なグルコサミンは、年齢を重ねると生成できる量が減少してきます。そのため、軟骨がすり減り高齢になるに連れ関節に痛みを感じるようになるのです。関節が痛くなると運動することを辞めてしまい、足腰が弱まり歩行機能が低下してしまいます。そうなる前に、ヤクルトから販売されているグルコサミンを利用するようにしましょう。ヤクルトのグルコサミンは、コンドロイチンも含まれているので相乗効果により軟骨生成が高まります。しかし、飲み続けないと効果を発揮するのは難しいので、短期間で効果が出ないと辞めてしまうのではなく、数ヶ月は飲み続けるようにしましょう。

ヤクルトのグルコサミンは高い軟骨生成機能が備わっていますが、これだけに頼るのではなく、自分自身で対策できることはするようにしましょう。例えば、乱れた食生活を改善し、バランスの良い食事をすることが大切になります。肉だけを食べるのではなく、野菜や魚も摂取するようにしましょう。特に、エビやカニにはグルコサミンが含まれているので、これらの食品を摂取すると効果が高まります。しかし、甲殻類は値段が高いので毎日食べ続けることは難しいです。なので、牛乳や小魚などで骨の強度を高め、ヤクルトのグルコサミンを補助食品として摂取すれば骨に関する悩みは無くなると言ってもいいでしょう。また、適度な運動も大切と言われているので、関節痛に悩まされていないのなら運動をするようにしましょう。